胃内視鏡検査(胃カメラ)

検査の予約
当院では原則として予約をお願いしています。
ただし、急ぎで検査が必要な方は、絶食で来院していただければ、来院初日でも検査は可能なときもあります。

検査の前日
検査前日の食事制限は特にありません。
ただし、夜9時以降の食事はできません。
水分の摂取は可能です。

検査の当日
検査の当日は絶食です。

来院後について
来院後、胃の中をきれいにするために、薬の入ったお水を飲んでいただきます。
検査時間は5分程度です。
基本、細いスコープで検査を行います。
異常所見があれば必要に応じ組織を採取し、顕微鏡で詳しく調べることがあります。

<注意事項>
血をさらさらにする薬(抗血小板薬・抗凝固薬)を服用している方は事前にお知らせください。




経鼻内視鏡検査

内視鏡挿入時の苦痛を軽減するために、鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)を行っております。
口からの内視鏡は、多少なりとも咽頭反射(風邪の診察の時にへらのようなもので、舌の奥をおされると「オエッ」となった経験があると思います)が起こり、これが胃カメラは、「つらい」いう世間のイメージになっていると思います。
ところが、鼻から挿入された経鼻内視鏡は、咽頭反射がないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく、検査ができます。
また口から内視鏡を挿入する場合は、検査中に話すことはできませんが、経鼻内視鏡では、検査中に気になったことを質問したり、万が一気分が悪くなったときは、伝えることができます。
また鼻からの内視鏡に抵抗のある方は、経鼻内視鏡を用いて、そのまま経口で施行することもできます。

メリット
①苦痛が少ない
内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できます。
約5㎜の細さです。
検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

②吐き気が起きにくい
内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

③会話ができる
検査中も会話が可能です。
質問をしたいとき、気分を告げたいとき、医師と自由にお話しできるので安心です。

内視鏡挿入時の苦痛を軽減するために、鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)を行っております。
口からの内視鏡は、多少なりとも咽頭反射(風邪の診察の時にへらのようなもので、舌の奥をおされると「オエッ」となった経験があると思います)が起こり、これが胃カメラは、「つらい」いう世間のイメージになっていると思います。
ところが、鼻から挿入された経鼻内視鏡は、咽頭反射がないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく、検査ができます。
また口から内視鏡を挿入する場合は、検査中に話すことはできませんが、経鼻内視鏡では、検査中に気になったことを質問したり、万が一気分が悪くなったときは、伝えることができます。
また鼻からの内視鏡に抵抗のある方は、経鼻内視鏡を用いて、そのまま経口で施行することもできます。

診察カレンダー

診療時間内にお願い致します。

冨田胃腸科内科医院

院長:冨田高重
会長:冨田重照
五所川原市みどり町4丁目128
TEL0173-34-3211
MAP

診療時間、外来担当医のご案内

※木曜日は11時30分で診療を終了致します。

※新患及び急患の受付時間
午前 8:30~10:30
午後 2:00~4:00

サイトマップ  |  個人情報保護